己の為のチラ裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yashiro
 
[スポンサー広告
#178
なんとなーく、
DeathAdder 3.5G 450dpi + Qck Heavy
の組み合わせで使ってみてる。
ネガティブアクセルが本当に無く追従してくれてるなーと。
たまにホコリでセンサーがぶっ飛ぶことが心配事だけどそれを除くと使いやすい。

CS:GOに向けてCS:Sで遊ぶことが多いんだけど、
CS:SのTOPプレイヤーのcfgを眺めてるとSensitivityが低いこと低いこと。

「アイツら、こんなにマウスぶん回してんのか...」

と驚愕することが多い。
左右非対称マウスだと右側へマウスを振る動作の角度が少し浅くなるけど落ち着いてAimできるでしょう。

Dota2ゲット!!!
時間があるときに遊んでみよう^w^

最近、ヒマつぶしにYoutubeで動画を漁っていたらハマってきたジャングルポケットのトークを。

スポンサーサイト
Posted by Yashiro
comment:0   trackback:0
[PCデバイス
#177べんきゅー
120hzの液晶モニターを何にしようか迷い、
コスパで絞り込むと候補は、

・BenQ 23.6型 LCDワイドモニタ (ブラック) XL2410T
・SAMSUNG 22型ワイド液晶モニター 2233RZ

の2点に絞り、BenQ XL2410Tを購入。
オークションで見つけ、価格は¥30.00なり~。
モニターにたいしたこだわりもなく、そうそう変えず長らく使えるものなのでそう考えると安いもんかな。

CRTのように長時間使っていても目が痛くならなそうなので、そこは変えてよかったかなーと。

ただ、23.6インチも必要としないので「デケェ・・・。」と少し困り顔(・´ω`・)
Posted by Yashiro
comment:0   trackback:0
[PCデバイス
#174Kanaテング
Steelseries Kana Blackの2ndインプレッション

とりあえず、改めて気がついたことや印象をざっと並べてみる。
基本的にマウスの設定は400dpi,500Hzとする。
使用マウスパッドはSteelseries QckHeavyである。

■XaiとKanaを比べるとKanaのほうがマウスポインタの移動量が少ない。

■1年半年以上に渡り愛用していたKinzu v1のセンサーとKanaのセンサーを比べると、
Kinzu v1のようなマウス加速は感じられない。
 
■リフトオフディスタンスはDeathAdder(以下DA)と同じくらいに長い。およそ1mm~3mm程、認識する。
 
■左右のクリックはXai,IE3.0,DAよりも硬い。というよりもそもそも遊びの部分が少ない構造になっていると思われる。
言い方を悪くすると安っぽいクリックとも言える。MX518所持者には伝わると特有の硬さといえば伝わるのか。
おそらくスイッチの関係もあるが、マウスが本体と一体型になっているが為だと予想される。

と、以上の4点を思いついたので並べてみたが、Kanaを5,000円以内で購入できるならと考えるなら有りかなというのが感想。
Kinzu v1を愛用する前には、Xai → WMO → Kinzu v1と左右対称マウスばかり使っていて、
その中でもKanaはWMOに一番近い。サイドボタンがありWMOのような逆台形型で持ちやすい。

大きな期待をせず、IE3.0やIMO,WMOとMicrosoftの御三家マウスを買う軽い気持ちで購入すれば期待は裏切らないと思う。
直線補正はほとんど無く、加速も感じられない。
尚且つ光学式センサーという安心感がある。
挙動が素直である。
オマケ要素としてはdpi切り替えもできるし、ポーリングレートも125Hz,500Hz,1000Hzと変更可能でマウス自体に記憶させることができるのでどこででも同じ環境設定が可能。またデザインも良い。

マウスホイールについては個人的にそこまで気にする箇所ではないのでフィーリングで書くとすれば、
ノッチ数は感じにくい構造というのだろうか、爪の引っかかりはあまり感じにくい。


購入予定者がどういった情報を知りたいのか考えつつ細かに書いていこうとしているが、何度も読み直しをし修正をおおまかに行っていると時間を要するのがツラい。
相変わらずこういった記事を書くのは苦手でござる。


最近はちょこちょこFPSをやっています。身内とSF2をプレイしたり、CS:Sの野鯖で遊んだり。
SF2はCODに慣れている人のほうが速い試合展開には強いんじゃないかな?
PSG-1の一撃死率には納得できねぇ。

サッカーを理解するようになってからというものEURO2012の試合を見るのがおもしろい。
今年はドイツが優勝と予想。
エジル、ゴメス、クローゼ、ミュラー、シュバインシュタイガー、ラーム、ボアテングと
サッカー知識が少ない俺でもネームバリューと強さを感じられる。

ちなみにマンチェスター・シティのボアテングは一番早く名前と顔を一致し覚えました。ね、ボアテング~。

43024500
Posted by Yashiro
comment:2   trackback:0
[PCデバイス
#172Kanaたん
最近、日本で取り扱いが開始されたSteelseries Kanaを購入。
ちなみにver.Blackを購入。

現在はほとんどFPSをしてないし2日程度しか触れてない。
持ち心地とセンサー、クリック部分など触った感触だけでも。
約1年と半年の間、買い替えもせずずっと同じKinzu v1を愛用していたのでKinzuとの比較が多くなる予定。
個体差があると思うのでそこらへんは!ね!察してください!
あ、画像もないです!

■持ち心地

持ち心地はとても軽い。
Kinzuと比べるとさすがにKanaのほうが重みを感じるが、
Xaiと比べると圧倒的な軽さ。
数値として比べてないけれどIE3.0よりは軽いんじゃないかな。

DA3.5G,Xai > IE3.0 > Kana > Kinzu

分解はしてないのでわからないけれども、なんだか中身が詰まってないような感じが軽さの原因かな。
握るサイド部分はWMOのような素材で安っちいけれど手汗を気にする必要もない様子。
サイドボタンはIMOのような左右に1つずつ配置されていてIMOのようにスカスカな押し心地ではなく、
少し固めのサイドボタン。
出っ張って配置されているわけではないので誤爆はしないと思われる。

■センサー

センサーは光学式を採用しており、特に不満無し。
(筆者の使用マウスパッドはSteelseries QckHeavy)
若干の直線補正がかかっている様子で、Kinzuのようにガッツリかかっている様子ではない。
Xai Laserを布パッドで使うと「ぬめっ」とした感じに違和感が。
しぶとく追従してくれるんだけどもこの「ぬめっ」とした感じがキツかった。
Xaiは布パッド以外じゃないと使えないかな、と思っているのが感想。
それと比べるととても素直に追従してくれるので安心。

■メインクリック,ホイール等

左右のメインクリックはすこーーーーしだけ固めでEC2のようにフニャチンではない。
元々愛用していたKinzuは初期のころに製造されたやつでクリックがまだ柔らかかった時のもので、
後半に製造されたKinzuはスイッチの変更でクリックが固くなったんだっけ。
その初期のKinzuの1年と半年使ってヘタったクリックと比べると若干固めのクリック。
メインクリックに至ってはXaiのほうが上質であるとすぐに分かった。

最初から柔らかいクリックは苦手で、
これから使っていけば柔らかくなるだろうという気持ちでいけば問題なし。

ホイール自体は低く配置されており邪魔にはならないと思われる。
ホイールを回してみた感じはちょっと緩めの印象。
ホイールをゲーム中に多用する人は注意が必要かもしれない。
ホイールクリックは柔らかすぎず硬すぎず。
ホイール
ホイー
ホイ
ホ...

サイドボタンについては持ち心地のところに書いた通り。

2日間使用して簡単に思ったことをざざっとまとめてみた。
ちなみにマウスソールはKinzuと同じサイズの様子。
僕は余ってたソールを貼ってます。
デフォのソールはプラスチック製でまっっったく滑りません。
付属のテフロン製ソールもまったく滑りません。
ソールは張り替え推奨。

たった2日間しか触ってないので大したこと書けずに申し訳ねぇ(^ω^;)
また数カ月後にでもガッツリとKanaを使ってレビューでも書こう。
Posted by Yashiro
comment:1   trackback:0
[PCデバイス
#168年末dayo
アウトレット品で¥3,000程度になっていたRazer Diamondback3Gを入手。

20111224054121
驚きの携帯画質。こだわる気はさらさら無い。

ほんの数時間しか触ってないけれど、印象としては...

・IE3.0などみたくかぶせ持ちはほとんどできないものと思って良い。
・摘み持ちユーザーには合う。
・超軽量級なマウス
大きさの割にWMO,Kinzu並に軽い。
・左クリックがめちゃくちゃに軽い。右クリックは並の重さ。
試しにCS1.6でBOT撃ちをしたが左クリックが軽すぎて
タンタタタタンタタタンッ
とまともにタップ撃ちができなかった・・・。
ドライバで要調整。
・解像度は800cpi or 1800cpiで切り替えが可能。
・ポーリングレートのデフォルトは125Hz。
・センサーが旧DeathAdderと同一(?)の光学式もので追従性は高い。
・底が狭く不安定なのでソールで安定性を増させるのが吉。

簡単にまとめすぎて参考になるのコレってレベルだけどご愛嬌。
サイドボタンは両サイドに2個ずつあるけどゲーム内だと使えない様子。
でも邪魔にもならない位置なのでok。

さすが数年前のマウスといったところだけど、
昔はIE3.0,DeathAdder等、左右非対称マウスばかりで左利きには選択肢の幅がなかった時期に売れたらしい。
旧DAと同じセンサーってだけで確実な安心感があるのはGood。

今は入手困難になったがMicrosoftのWMO,IMO、そしてSteelseriesからはKinzu,Xai,Sensei、RazerからはAbyssusと
左右対称の人気マウスがある中で今更買う必要はないと思われる。
コレクター等は買ってみるといいかもって品であり、癖が強いのであまりお勧めはしない。

続きは今年の振り返り。

 more...

Posted by Yashiro
comment:0   trackback:0
[PCデバイス
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。