己の為のチラ裏
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Yashiro
 
[スポンサー広告
#115何かが足りない
(過去に)持っていたマウス、持っているマウスの軽いレビュー
事前忠告として、僕個人での使用感想なのであくまで参考程度に。
過信は禁物。
最低1ヶ月は使用していたマウスのみ書きます。
使用マウスパッドはSteelSeries QcK heavy,Razer Goliathus Speed Edition,ZOWIE SWIFT。


316-V3VlpbL__SL500_AA300_.jpg

■商品名 IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0,IME3.0)
■dpi 400dpi
■ポーリングレート 125Hz
■値段 ¥3,000程度

右利き向け。
低コストで入手できることがGood!
特徴は大きさ。一般的に大きい手の僕からしても大きいと感じるマウス。大きさの影響か重い。
しかし、マウスホイールがすぐに緩くなることから誤爆してしまうことが有り。
分解してマウスホイールノッチを硬くすることで解決可能。
直線補正無し。


050724-ms_optical_1.jpg

■商品名 IntelliMouse Optical(IMO)
■dpi 400dpi
■ポーリングレート 125Hz
■値段 ¥2,000程度

両利き向け。
低コストで入手できることがGood!
IME3.0と違い、表面がザラザラしていることや両側にサイドボタンがあることが特徴。
ZOWIE GEARからリネームし、Intellimouse Optical 1.1 ZGとして発売されていることも特徴。
1.1 ZGは表面に塗装が施してあり、ザラザラではなくスベスベになっている。
IE3.0と同じくマウスホイールに問題有り。解決可能。
直線補正無し。
現在はik氏の手元へ。


microsoft_wheel_mouse.jpg

■商品名 Wheel Mouse Optical(WMO)
■dpi 400dpi
■ポーリングレート 125Hz
■値段 ¥1,500程度

両利き向け。
低コストで入手できることがGood!
IMOと違いサイドボタンが無いことや、マウス自体の軽さが特徴。
サイドボタンが無いことからブラウジング作業に支障が出ることが難点。
しかし、この軽さで虜になる人もいる。僕もその内の一人。
WMO>>IMO>>IE3.0の順のマウスの軽さ。
Microsoft御三家共通のマウスホイールと同じく問題有り。解決可能。
直線補正無し。


061205-razer1.jpg

■商品名 Razer DeathAdder(DA)
■dpi 450dpi,900dpi,1800dpi
■ポーリングレート 125Hz,500Hz,1000Hz
■値段 ¥8,000程度

右利き向け。現在は左手向けや新DA(DA 3.5G)も販売されている模様。
僕が一番長く大事に使用していたマウス。
IE3.0を気に入った人が移行しやすいマウス。大きさはIE3.0より一回り小さい。
ドライバーにより直線補正を有り無し選択できることが特徴。
手汗をかいてしまう人には少しやっかいなサイドの作りも特徴であり、難点。テープを貼り解決することは可能。
リフトオブディスタンスが長いことからマウスソール2枚貼りが主流かもしれない。
少しクリックの固さが目立つが慣れ。
新DA(DA 3.5G)はセンサーに変更有り。


080722-mx518.jpg

■商品名 MX518 Performance Optical Mouse(MX518)
■dpi 400dpi,800dpi,1600dpi
■ポーリングレート 125Hz
■値段 ¥3,500程度

右利き向け。
低コストで入手できることがGood!
Logicoolならではの形状が特徴。
表面がラバー加工してあり手触りが優しい。
Microsoft御三家に引き続いて値段、性能ともににオススメしたいマウス。
しかし付属ドライバーが糞なのが惜しい。
強めの直線補正有り。


steelseries_xai_laser.jpg

■商品名 SteelSeries Xai Laser(Xai)
■dpi 100dpi~5001dpiまで自由に変更可能(公式にはCPIと表記)
■ポーリングレート 125Hz~1000Hzまで自由に変更可能
■値段 ¥10,000程度

日本が誇るFPSer、noppo氏使用マウス。
両利き向け。
値段が張るが細かく設定できることから非常にパフォーマンス能力が高い。
加速、直線補正は自由に変更可能。
しかしconfigrationから加速を0にしても切れていないとの声も挙がるマウス。
マウス自体に個体差が有る可能性。
大きさはIMOに近い大きさ。
僕個人のオススメマウス。まじでいいです。


steelseries_kindu_optical.jpg

■商品名 SteelSeries Kinzu Optical(Kinzu)
■dpi 400dpi,800dpi,1600dpi,3200dpi(公式にはCPIと表記)
■ポーリングレート 125Hz,500Hz,1000Hz
■値段 ¥4,000程度

CS1.6 fnaticのAce f0rest氏使用マウス。
両利き向け。
低コストで入手できることがGood!
Xaiを一回り小さくしたマウス。発売されているマウスの中でも最軽量クラス。
加速を切ったつもりでも切れていないらしい。これも個体差?
しかしこの加速がスーパーショットを生むとも噂されている巷で評判のマウス。
直線補正有り。


100714-zowiegaer_8.jpg

■商品名 ZOWIE EC2 Black(EC2Black)
■dpi 500dpi,1000dpi,2000dpi
■ポーリングレート 1000Hz固定
■値段 ¥7,000程度

右利き向け。
EC1を一回り小さくしたのがEC2。
今までにないマウスホイールノッチが特徴。個人的に良感触。
新型の光学式センサーを取り入れたためか解像度が500dpi刻みでしか選択できないのが惜しい。
DAと同じようなサイドの作り。
現在、売り切れで入手困難の商品。
直線補正有り。

ここまで書いておいて余談。
IE3.0の400dpiとDAの450dpiだと数値だけ見るとDAのほうが50dpi高いですが、
メーカーの基準解像度が違うのでRazer社を基準として調べてみるとIE3.0は495dpi近くもあります。
RapidFireのJUNIOR氏のblogでも紹介されていたので取り上げてみましたが、
こういうことからdpiはあくまで参考程度にして新たに自分のセンシを探すことになります。

Microsoft社の400dpi > Razer社の450dpi > Steelseriesの400dpi
僕の体感だとこんな感じです。
ハッキリと解れば困らないんですがねぇ・・・。
長文となりましたが、マウスの簡単な紹介をさせて頂きました。
みなさまの今後の購入する前の参考になれば幸いでございます。
スポンサーサイト
Posted by Yashiro
comment:0   trackback:0
[PCデバイス
comment
comment posting














 

trackback URL
http://emptypromises.blog100.fc2.com/tb.php/145-fb16983e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。